言葉がつっかえてしまう吃音の治療|心理的影響を考える

笑顔

ストレスも大きな要因

医療

個々に合った方法で克服

吃音とは、簡単に言えば言葉がつっかえて出にくくなるということです。言葉の出だしの一音を何度も繰り返したりする、昔で言う「どもり」を意味します。吃音は、幼児期に出現した場合には、徐々にその程度は軽くなり、小学校の低学年頃に消失することがあります。これは、言語習得が著しい時期に、膨大な言語を頭で整理して口にする作業が追いつかない為に起こる一過性の吃音である事が多いです。しかし、学童期から大人までに生じる吃音は、そのおおくがストレス等の心理的影響が大きく関係しているのではないかと考えられています。しかし、まだはっきりとした原因は解明されておらず、絶対的な治療法も確立されていない現状があります。しかし、精神科や心療内科等を受診したり、子供の場合は、発達の専門家など、各機関に相談することで、その人にあった治療法を受けられる可能性もあります。

不安を軽減する

吃音の治療法は、まず、心身ともに落ち着いた状態にするということが第一です。吃音に悩む人の多くが、「またうまく話せなかったらどうしよう」という不安感が強く出て、無意識のうちに心身を疲弊していることが少なくありません。この様な時には、カウンセリング等で、不安感を取りのぞく治治療法が有効です。あまり、吃音そのものを治そうとアプローチすることは逆効果で、余計に不安や緊張を強いる結果となり場合によって場合症状を悪化させることにもなりかねません。不安感を取り除く為には、十分な休息と規則正しい生活を送ることが必須です。また、周囲は決して吃音を指摘しないことも大切です。指摘されることで、ますます話すことへの不安が募り悪循環なのです。

精神的な問題は医師に相談

相談

東京にはカウンセリングサービスを行なう施設が数多くありますが、必ずしも信頼できるとは限らないので注意が必要です。精神的な問題が心に影響しているときは精神科、体の不調に繋がっているときは心療内科を受診するのがお勧めです。

詳しくはこちら

万病に繋がる恐れを断つ

医者

ストレス社会たる現代、心に対する負荷は確実に体に出てきてしまいます。その苦しさや不安を抱えたままでは、神経は磨り減っていくばかり。ですが浦和にある心療内科にお越し頂けたなら、スタッフや医師が丁寧に対応し、治療してくれます。憂いを断ち、健やかな日々を送る為にも是非診療をお勧めします。

詳しくはこちら

心の悩みありますか

診断

埼玉の心療内科ではカウンセリング時の患者との信頼関係を強化させながら、幼少期の生い立ちなどを手掛かりに、抑圧された悩みの本質を探し出してくれます。精神科では薬物治療と共に、ポジティブな思考力を身に付けるためのカウンセリングを行っています。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 言葉がつっかえてしまう吃音の治療|心理的影響を考えるAll Rights Reserved.